Pizza & Wine stand Bottone @新宿

Pizza & Wine stand Bottone @新宿

LINEで送る
Pocket

グローバルダイニングに在籍されていた頃から、ずっと弊社がお世話になっている作島さんと遠藤さんが念願の独立。隠れ家的な、最高に居心地の良いお店をオープンしました。新宿の賑やかな繁華街からは少し離れた、静かな住宅街。半地下の物件なので、一見目立たないですが、入るとそこは、なんだか暖かいような、優しいような、とても嬉しい空間。カウンター席のみ17席ではありながら、キッチンをぐるりとカウンターが囲む作りの為、作島さんの作るお料理も、遠藤さん接客も、常にライブ感というか、臨場感があるので、とっても楽しい。

ドリンクは、ワインやカクテルはもちろん充実。そして名物の赤・白・青の3種類のサングリア。遠藤さんのセンスが、キラリと光ってます。 そしてお料理は、なんと言ってもウリは6インチ(直径約15cm)というサイズの小さいピザ。小さいとはいえ、ピザ釜で焼き上げる本格派。生地も拘りに拘ってモッチモチ。常に6〜7種類のピザが用意されています。もちろん、タパス系やココット料理、メイン料理もとても充実していて、しかもリーズナブル。ピザを数種類食べて、他のお料理も楽しめる。これって、他では無いスタイルで面白い。

弊社も今回、色々な食器を納めさせて頂きましたが、どのメニューにも本当に上手にお使い頂いております。特に、弊社が独自にアメリカから輸入しているヴィセロイ(VICEROY)」は、このお店に本当にマッチしていて、取皿からメイン皿まで、数種類お使い頂いております。このVICEROYはアメリカのダイナー系、ステーキハウスレストランでは定番のオールドスタイル。アイボリー系のプレートに独特の色合いのグリーンバンドが、アメリカンダイナー系はだけでなく、イタリアンやカフェ、ビストロなどにもピッタリとはまります。 こちらのお店がオープンするにあたり、作島さんも遠藤さんも、このVICEROYがイメージにピッタリで、見た瞬間に「コレだ!」と思ってくださったそうです。食器屋冥利に尽きます。

店名のBOTTONEとは、イタリア語でボタンの意味。小さなピザをイメージして付けた店名だそうです。メニューは常に開発をしていて、新メニューの導入ペースはとても早いので、いつ来ても新しい味が楽しめます。作島さんの探究心は素晴らしいの一言。 これからも進化を続けて行くBottone。若者も、年配の方も、女性一人でも、本当に楽しめるお店です。[泉水太郎]

Shop info.

bottone

  • 住所:東京都新宿区新宿6-4-2 コスモス新宿 B1F
  • 電話:03-5315-4031
  • 営業時間:18:00~26:00
  • 休日:日曜日
LINEで送る
Pocket